置賜総合支庁森林整備課
2017-11-16 置賜「地材地住」ネットワークと山形大学工学部の連携協定
カテゴリー:山大工との連携協定

 置賜「地材地住」ネットワークと国立大学法人山形大学工学部が連携に関する協定を締結しました。

 置賜「地材地住」ネットワークと山形大学工学部が、それぞれの資源や機能等の活用を図りながら

広い分野で相互に協力し、地域における地域材の活用による森林・林業・木材産業・建築産業の振興

発展に寄与することを目的としています。

※山大工学部は、本年度同学部に「建築・デザイン学科」を新設しました。

 

 

 米沢市産のヤマザクラに文字を刻んだ協定書に調印する置賜「地材地住」ネットワーク川内会長

(小国町森林組合長)(左)と国立大学法人山形大学飯塚工学部長(右)

 

 

 

 

 協定の調印式は、7月26日に山大工学部の百周年記念会館で行われました。

置賜「地材地住」ネットワーク川内昭佐会長(小国町森林組合長)と国立大学法人山形大学飯塚博

工学部長が協定書に調印を行い連携協定を結びました。

 連携するのは、次のとおりです。

  ・木質資源活用のための教育と研究、人材育成

  ・知的財産と人的資源・物的資源を活用した産官学連携の研究開発の推進

  ・地域産材の活用による森林・林業・木材産業・建築産業の振興・発展

 

 川内会長は「人材育成に大いに期待している。 大学から新風を吹き込んでもらい、地域の林業や

木材産業・建築産業の発展に寄与してもらいたい」とあいさつし、飯塚学部長は「建築デザイン学科

は、学部の伝統的な科学分野とは異なる学科、地域の活性化に貢献できるよう、協定による交流が

広がって欲しい」とあいさつされました。

 ネットワークでは、学生が森林伐採や製材、木造建築の施工など実務的な学習ができるよう積極

的に協力したいと考えています。