置賜総合支庁森林整備課
2017-11-15 山形県林業まつり
カテゴリー:山形県林業まつり

第27回山形県林業まつりが開催されました。

置賜「地材地住」ネットワークは、「置賜木」木工キット・木製品の展示販売、「置賜木」住宅相談会」、「置賜

木」木工教室、「置賜木」PR木製キューブブロックのプレゼントを行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 第27回山形県林業まつりは、平成29年10月14日(土)・15日(日)の二日間、天童市の山形県総合運動公

園第2南駐車場で開催されました。

林業まつりは、平成29年度第67回山形県農林水産祭として、「緑と水と木の祭典 山形県林業まつり」と「山

形のおいしさ満彩めしあがれ 秋の食彩まつり」が一緒となって開催されました。

たくさんのご来場者があり、盛会に開催されました。

 置賜「地材地住」ネットワークの木工教室では、親子がイス作りに挑戦し心地よい汗を流しました。

イス作りは、悪戦苦闘しながらも約1時間で見事に完成し、達成感のある笑顔を浮かべていました。

(NWの指導員が少しだけお手伝いしました。)

最後に、自分の好きな場所に「置賜木」の焼き印を押し、少し誇らしげに「大事に使うんだ。」と言って持ち

帰って行きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017-11-16 置賜「地材地住」ネットワークと山形大学工学部の連携協定
カテゴリー:山大工との連携協定

 置賜「地材地住」ネットワークと国立大学法人山形大学工学部が連携に関する協定を締結しました。

 置賜「地材地住」ネットワークと山形大学工学部が、それぞれの資源や機能等の活用を図りながら

広い分野で相互に協力し、地域における地域材の活用による森林・林業・木材産業・建築産業の振興

発展に寄与することを目的としています。

※山大工学部は、本年度同学部に「建築・デザイン学科」を新設しました。

 

 

 米沢市産のヤマザクラに文字を刻んだ協定書に調印する置賜「地材地住」ネットワーク川内会長

(小国町森林組合長)(左)と国立大学法人山形大学飯塚工学部長(右)

 

 

 

 

 協定の調印式は、7月26日に山大工学部の百周年記念会館で行われました。

置賜「地材地住」ネットワーク川内昭佐会長(小国町森林組合長)と国立大学法人山形大学飯塚博

工学部長が協定書に調印を行い連携協定を結びました。

 連携するのは、次のとおりです。

  ・木質資源活用のための教育と研究、人材育成

  ・知的財産と人的資源・物的資源を活用した産官学連携の研究開発の推進

  ・地域産材の活用による森林・林業・木材産業・建築産業の振興・発展

 

 川内会長は「人材育成に大いに期待している。 大学から新風を吹き込んでもらい、地域の林業や

木材産業・建築産業の発展に寄与してもらいたい」とあいさつし、飯塚学部長は「建築デザイン学科

は、学部の伝統的な科学分野とは異なる学科、地域の活性化に貢献できるよう、協定による交流が

広がって欲しい」とあいさつされました。

 ネットワークでは、学生が森林伐採や製材、木造建築の施工など実務的な学習ができるよう積極

的に協力したいと考えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

2017-11-14 十王県営林を伐採しています。
カテゴリー:十王県営林1

 

 

十王県営林を伐採(主伐)しています。

スギ立木は、NW会員の西置賜ふるさと森林組合が購入し、伐採作業を行っています。

 

 

伐採したスギ丸太は、白鷹町内の丸太集積所(土場)にトラックで運搬しています。

 

 

 

 

運搬したスギ丸太は、集積所に整然とはい積み(集積)されています。

2017-11-20 めざみの里まつり(親子木工教室)
カテゴリー:めざみの里まつり

 「めざみの里まつり」親子木工教室が平成29年9月2日(土)に開催されました。

主催は、NW会員の飯豊町建設組合です。 

秋晴れのもと親子で爽やかな汗を流しました。

 

 

  主催者の飯豊町建設組合冨永春次組合長があいさつを行い、親子木工教室がスタートしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 親子木工教室は、悪戦苦闘しながらも約1時間で見事なマイイスが完成しました。

(少しだけ飯豊町建設組合のプロがお手伝いしました。)

一生懸命作ったマイイスを前に少し誇らしげに記念撮影です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017-11-10 子ども上棟式
カテゴリー:子ども上棟式

 錦秋の素晴らしい晴天のもと今年も「子ども上棟式」が行われました。

平成29年11月3日、いいで秋の収穫祭がいいで添川温泉しらさぎ荘で開催され、その中のイベントとして

盛大に行われました。

 主催は、置賜「地材地住」ネットワークの会員である飯豊町建設組合(冨永春次組合長)です。

使用した建築部材は、地元飯豊町産のスギ材(間伐材)です。

西置賜ふるさと森林組合(NW会員)が伐採搬出し、地元の渡部製材所(NW会員)が製材し製品に加工

したものです。

 

 

 

 

 

 子ども棟梁たちは、心地よい汗を額に光らせ、見事に完成させました。

いよいよ上棟式です。

完成を祝い、集まったギャラリーに対して威勢よく餅まき・お菓子まきです。

 

 

 

 会場は、縁起物を手にしようと沢山の人で熱気に包まれ、大いに盛り上がりました。

 

 

 子ども上棟式は、大成功裡に終了しました。

地元の木を使った木造の家ってやっぱり良いなあ。